日本放射線安全管理学会

JRSM広報

2016/09/08 (0225)

「平成29年度放射線の健康影響に係る研究調査事業」
新規研究課題の公募開始のお知らせについて


日本放射線安全管理学会会員の皆様

「平成29年度放射線の健康影響に係る研究調査事業」新規研究課題の公募開始のお知らせです。

環境省から、「平成29年度放射線の健康影響に係る研究調査事業」の新規研究課題の公募がホームページに掲載 されました。
http://www.env.go.jp/chemi/rhm/study/h29-01.html

上記ページに、1.背景、2.公募内容及び概要、3.応募資格者、4.応募方法、5.応募期 限、6.研究の採択、 7.研究の評価と管理、8.添付書類、9.審査における留意点、そして、お問い合わせ先及び研究計画送付先が掲載されています。

2の公募内容及び概要は次の4つです。
(1)放射線被ばくの線量評価等に関する研究(1課題あたり年間最大1千万円(一般管理費 を含む))
(2)放射線の健康影響の解明及び放射線以外の要因による健康リスクの低減を含めた総 合的な健康リスクに関する研究 (1課題あたり年間最大1千万円(一般管理費を含む))
(3)放射線による健康不安対策の推進に関する研究(1課題あたり年間最大 管理費を含む))
(4)事故初期の内部被ばく線量評価の精緻化に関する包括的研究(1課題あたり年間最 大5千万円(一般管理費を含む))

応募期限は、平成28年9月5日(月)~10月5日(水)18時までです。

同ホームページのご確認をいただければ幸いです。

企画委員会では、今年度より松田会長とご相談しながら、学会として公募型競争的資金の獲得に向けて検討を始めているところです。
会員の皆様には、本応募に関してご協力をお願いすることがあると思います。ご協力いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

企画委員会 委員長 三好弘一

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ