HOME » 論文賞 » 平成30年度

平成30年度

 

研究奨励賞

「Efficacy of Shields Against the Backscatter Radiation of Portable X-ray Units」

Radiation Safety Management, Vol. 17, 1-12, 2018

Yusei Otaka  Meikai University

Co-author : Yasuo Harata, Maki Izawa, Atsushi Iwawaki, Ruri Asami, Hideki Saka, Yasuhiko Okumura

  東日本大震災以降、被害者特定のための口腔用ポータブルのX線装置の需要が高まっている。 大高氏は、4種の口腔用ポータブルX線装置について、散乱X線に由来する線量の角度分布を測定した。 また、大規模災害時等において、室外で使用した場合の被ばく線量低減のための方法を提案した。 本研究は、ポータブルX線装置を使用した放射線安全使用に関して有益な情報を含んでおり、本学会にとって評価できる。




-以上-

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ