JRSM広報

2015/09/08 (0217)

富山大学市民公開シンポジウムのご案内

日本放射線安全管理学会
会員の皆さま

 「富山大学市民公開シンポジウムのご案内」をお知らせ致します。





 平成27年度富山大学学長裁量経費支援事業:全学一体で取り組む安心・安全のための放射線研究と復興研究、そして大学からの情報発信によるシンポ ジウムの開催

無料、事前申し込み不要



市民公開シンポジウム

「放射線と人との係わり合い―未来に繋ぐ放射線影響研究とその展望―」

 富山大学では、福島原発事故以来、放射線に関する大学からの情報発信として、過去7回の市民公開のシンポジウム、講演会を開催してきました。 今回、日本放射線影響学会の放射線ワークショップが富山大学で開催されますので、これに合わせてシンポジウムを開催したします。



◆開催場所と日時

日時:平成27年10月17日(土曜日)13:30~
場所:富山大学五福キャンパス 黒田講堂
〒930-8555 富山市五福3190番地
○交通アクセス・会場はこちらをご参照ください
富山大学HP 五福キャンパスキャンパスマップ
https://www.u-toyama.ac.jp/access/gofuku/index.html

◆プログラム予定

13:30 開催の挨拶 遠藤 俊郎 (富山大学学長)

13:35~14:00
座長  西村 克彦(富山大学大学院理工学研究部)
1)高橋 昭久  群馬大学重粒子医学研究センター教授
  「宇宙放射線の生物影響研究」

14:00~14:25
座長  櫻井 宏明(富山大学大学院医学薬学研究部)
2)細井 義夫  東北大学大学院医学系研究科教授
  「原子力災害による放射線影響と放射線研究」

14:25~14:50
座長  鈴木 文男(富山大学大学院医学薬学研究部)
3)田内 広  茨城大学理学部教授
  「低線量放射線の生体影響:新たな細胞実験からのアプローチ」

-休憩-

15:00~15:25
座長  庄司美樹(富山大学生命科学先端研究支援ユニット)
4)宮川 清  東京大学大学院医学系研究科教授
  「全人的な医学における放射線研究」

15:25~15:50
座長  丸茂 克美(富山大学大学院理工学部)
5)福本 学  東北大学加齢医学研究所教授
  「福島原発事故被災動物からヒトへの影響を考える」

-休憩-

16:00~16:25
座長  橋本 勝(富山大学教育・学生支援機構)
6)柏倉幾郎   弘前大学 理事・副学長
 特別報告
  「原発事故に際しての、弘前大学の取り組み」

16:25~17:10
座長  新里泰孝(富山大学経済学部)
7)後藤 康夫   福島大学経済経営学類教授
 特別講演
  「3・11フクシマとサイエンス・コミュニケーションの失敗
    -専門家と住民の新たな関係へー」

17:10~17:15 開会の挨拶 鳥養祐二(富山大学水素同位体科学研究センター)

◆問い合わせ先
富山大学研究振興部
〒930-8555 富山市五福3190番地
 電話:076-445-6694, ファックス:076-445-6033
 E-mail:kenshin@adm.u-toyama.ac.jp

富山大学大学院医学薬学研究部(医学)放射線基礎医学講座
〒930-0194 富山市杉谷2630
電話:076-434-7267, ファックス: 076-434-5190

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ