NEWS

20180315

国際的機関主催会合等への若手派遣事業のご案内

日本放射線安全管理学会会員の皆様へ

 本学会の参画する放射線防護アンブレラ(原子力規制庁事業)では、平成30年度に下記の2件の国際会議に若手専門家各1名を派遣することとなりました。
 (1) OECD-NEA主催 国際放射線防護スクール、2018年8月20-24日、ストックホルム
 (2) IAEA主催 International Symposium on Communicating Nuclear and Radiological Emergencies to the Public、2018年10月1-5日、ウィーン

 つきましては、派遣者の公募を開始しますので、こちらの事業概要と申請書をご覧の上、応募資格のある方は奮ってご応募ください。

-以上-

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ