NEWS

20171019

平成31年度放射線安全研究の重点テーマ検討グループのご案内

日本放射線安全管理学会会員の皆様へ

 日本放射線安全管理学会は、平成29年度より開始した原子力規制委員会委託事業 「放射線安全規制研究戦略的推進事業費(放射線防護研究分野における課題解決ネットワークとアンブレラ型統合プラットフォームの形成) 」の構成団体として、放射線安全管理学の観点から、このオールジャパン型のプロジェクトに協力しております。 本プロジェクトについては、12月シンポジウムでも代表者の神田先生(量研機構)から紹介される予定です。 プロジェクトにおける本学会のミッションのひとつとして、原子力規制委員会による平成31年度以降の放射線安全規制研究の重点テーマの提案が求められています。

 重点テーマの検討にあたっては、学会企画運営に責任を持つ理事会、企画委員会等で検討するのみならず、幅広く会員の方からも検討の提案を募りたいと思います。 特に、現場で共通の問題意識をお持ちの方々が少人数のグループを作り、検討した提案を歓迎します。 グループ活動のための旅費、会議費等は、1グループ10万円程度を目安に、本プロジェクト経費でフルカバーします。  希望される方は、重点テーマ検討グループ申請書を学会事務局(office@jrsm.jp)までお送りください。 提案は1月初旬を目処に考えていますので、時間に限りがあるため、基本的に先着順、3件程度をお受けしたいと思います。

 検討するのは2年後、平成31年度の重点テーマです。
本学会からの提案がそのまま放射線安全規制研究の重点テーマとして採用され、会員がその研究費を獲得するというスパイラルが形成できれば理想的です。 2年後を見据えた若手、中堅の方々からのご提案を期待します。

会長
松田尚樹

添付資料
重点テーマ検討グループ申請書
提案フォーマット(参考)

-以上-

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ