HOME » 論文賞 » 令和元年度

令和元年度

 

最優秀論文賞・大崎賞

「Dispersal rates of astatine-211 from aqueous solutions and chloroform」

Radiation Safety Management, Vol. 18, 16-22, 2019

Atsushi Toyoshima  Osaka University

Co-author : Kojiro Nagata, Kazuhiro Ooe, Zijian Zhang, Takumi Ikeda, Soichiro Ichimura, Honoka Obata, Takashi Yoshimura, Atsushi Shinohara

 本研究は、211Atの飛散率を初めて導出するとともに、飛散率のpH依存性を調べ、水溶液中の化学形に関する考察もおこなっている。 将来において、211Atは治療薬として利用されることが期待される核種であるため、医療現場における放射線管理や防護に関する有用な情報を含んでおり、実用面でも学術面においても高く評価できる。


研究奨励賞

「Investigation of Characteristics of Low-energy X-ray Radiated from the Crookes Tube Used in Radiological Education」

Radiation Safety Management, Vol. 18, 9-15, 2019

Do Duy Khiem  Osaka Prefecture University

Co-author : Hirokazu Ando, Hiroto Matsuura, Masafumi Akiyoshi

 本研究は、クルックス管から放出される低エネルギーのエックス線を計測するとともに、被ばく線量評価を安価な方法で提案している。 放出されるエックス線の線量を実測、評価することは、放射線防護の注意喚起の観点からも重要である。 このように本論文はクルックス管の安全使用に関して有益な情報を含んでおり、本学会にとって評価できる。



-以上-