JRSM広報

2016/07/04 (0224)

文部科学省補助金事業
「高いレベルの放射線管理技術者キャリアアップ研修」のご案内


文部科学省補助金事業
「高いレベルの放射線管理技術者キャリアアップ研修」のご案内

拝啓 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

このたび、学生、大学院生、教職員等を対象として、放射線安全管理技術の 向上を図るために、単なる測定技術の習得ではなく、放射線を正しく測定、 評価する高いレベルの実務技術を持つ人材を育成する研修を開催します。

本研修では、「線量評価研修会」(3日間)として線量概念と放射線計測に 係る講義、サーベイメータを使用した放射線の測定や遮蔽計算コードを 用いたシミュレーション実習を行います。さらに、線量評価研修会の受講後 には、サーベイメータ及び個人線量計の校正方法等の講義、第一線で活躍 の校正の専門家(JCSS認定事業者)との質疑応答、 校正施設(日本原子力研究開発機構原子力科学研究所)の見学を行う 「実用校正研修会」(2日間)に参加できる内容となっております。

これらの研修終了後、受講者専用WEBで継続研鑽を行い、技能試験により 技能が身についたと評価された方には「線量評価キャリアパスポート」の 技能認定を予定しております。
放射線計測の高度な実務技術ついて学んでみたいという意欲のある 「教職員・大学院生・学生」等の方々にお役立ていただけますよう、 ご案内申し上げます。

敬具


日時:
・線量評価研修会
第4回 平成28年 7月20~22日
第5回 平成28年 8月10~12日
第6回 平成28年 9月 7~ 9日
第7回 平成28年11月 9~11日
第8回 平成29年 2月 8~10日

・実用校正研修会
第3回 平成28年10月17, 18日
第4回 平成28年12月 8, 9日
第5回 平成29年 2月16, 17日

場所:
・線量評価研修会 東京都文京区白山5丁目1番3-101号 原子力安全技術センター
・実用校正研修会 茨城県那珂郡東海村白方白根2-4 放射線計測協会

費用:参加費無料
学生・大学院生の方には、当センターの旅費規程に従い交通費と宿泊費を支給します。 教職員等の方は、交通費等は自己負担でお願いします。

主催:原子力安全技術センター
協力:NPO放射線線量解析ネットワーク、海上・港湾・航空技術安全研究所、
     放射線計測協会
対象:
原子力人材育成大学連携ネットワークに参加している「教職員・大学院生・学生」
第1種放射線取扱主任者を有する「教職員・大学院生・学生」
医学物理士資格を有するもしくは取得を目指す「教職員・大学院生・学生」
放射線計測の実験値と計算値との比較に興味のある「教職員・大学院生・学生」等

申込み:以下のURLから受講申込書をダウンロードして
FAX又はE-mailにて申込み下さい。
http://www.nustec.or.jp/project/rad-kensyu.html

連絡先:原子力安全技術センター 運営企画室 企画課 松戸・八木
(電話:03-3814-7482、E-mail:rad-kensyu@nustec.or.jp)

注:線量評研修会の定員は8名様/回、実用校正研修会の定員は14名様/回です。
定員に達し次第、締め切らせていただきますのでご了承下さい

その他、詳細については以下のURLをご参照下さい。
http://www.nustec.or.jp/project/rad-kensyu.html

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ