JRSM広報

2016/04/08 (0222)

(公財)地域創造基金さなぶり「現場で役立つ復興論文大賞」について

日本放射線安全管理学会
会員の皆さま

 標記の件につき次のような連絡が学会事務局に届きましたので、ご案内いたします。




 弊財団は、東日本大震災後の2011年6月に設立された、宮城県仙台市に所在する東北地方のコミュニティ財団でございます。
 ※財団WEBサイト:http://www.sanaburifund.org/

 弊財団では、昨秋より、客観的なデータや調査・研究に基づく地域課題の解決を促進する事業(とうほく復興データプロジェクト) を実施しており、このたびその事業の一環として、「現場で役立つ復興論文」と題した公募論文の募集を開始致しました。
 ※後援:株式会社日本政策投資銀行、岩手日報社、河北新報社、 福島民報社、福島民友新聞社

 大賞受賞者の方には「新しい東北」賞と賞金10万円が授与されるほか、特別賞6賞と賞金10万円を設けております。

 つきましては、ぜひ貴学会の会員の皆様に、本公募をご案内頂きたく、ご連絡をさせて頂いた次第です。

 詳細につきましては、下記URLならびに添付した募集要項・応募様式をご参照頂けますと幸いです。

 また、ご不明な点等ございましたら、事務局までお気軽にお問い合わせください。
募集ページ:
http://www.sanaburifund.org/shiensupport/thesis_contest_of_tohoku2016/
関連事業:
http://www.sanaburifund.org/shiensupport/tohoku-shinpo/

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ