JRSM広報

2012/12/27 (0197)

第14回「環境放射能」研究会開催のご案内
(日本放射線安全管理学会共催)


第14回「環境放射能」研究会開催のご案内


 拝啓、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
「環境放射能」研究会も、今回で14回目となりました。東電福島第一原発
事故が発生してから2年目も終盤に近づき、新たに貴重なデータが得られて
いることと思います。本事故に関わる研究は、本研究会としても今後しばら
く継続すべき重要なトピックスととらえております。是非、本研究会におい
て発表をしていただき、最新の知識を多くの研究仲間と共有し、ディスカッ
ションできましたら幸いです。また、これまで同様に自然環境放射能、放射
線・原子力施設環境放射能を中心として、広い意味での環境放射能研究をテ
ーマとした講演も募集致します。多くの皆様の講演を期待しております。
 ご発表頂いた研究成果は、例年通り研究会終了後に Proceedings の刊行
を予定しております。

                              

敬具

                    

平成24年12月23日

「環境放射能」研究会
代表世話人
三浦 太一(高エネ研)
副代表世話人
高宮 幸一(京大炉)
田上 恵子(放医研)
別所光太郎(高エネ研)



主催:高エネルギー加速器研究機構放射線科学センター
   日本放射化学会α放射体・環境放射能分科会
共催:日本原子力学会保健物理・環境科学部会
   日本放射線影響学会
   日本放射線安全管理学会

開催日時:平成25年 2月 26日(火)~ 28日(木)
開催場所:高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市大穂1-1)
      研究本館・小林ホールおよびラウンジ
発表形式:口頭及びポスター
口頭発表の時間は、20―30分を予定
参加費等:研究会参加費 1000円
     懇親会(2月27日)参加費 
      一般 3000円、 学生 1000円

講演募集テーマ:
1)自然環境放射能
2)放射線・原子力施設環境放射能
3)東京電力福島第一原子力発電所事故

発表内容は、上記のテーマに関するものであれば、
環境放射能(線)の測定及び評価、放射能分布、放射能動態、
性状、試料 調製等 自由

研究会HP : http://rcwww.kek.jp/enviconf/

<講演申込>
・研究会HPから、1月21日(月)までにお申し込み下さい。
・講演者はHPに掲載する予稿原稿記載要領に従い、予稿原稿を
 作成し、2月7日(木)までに提出してください。
・講演登壇者には、高エネルギー加速器研究機構旅費規程により
 旅費の支給が可能です。(詳細は、研究会HP参照)

<参加登録>
 今後のプログラム等を含む研究会に関する連絡は、研究会HP
に掲載するとともに電子メールを利用して配信します。参加ご希
望の方または興味のある方は、研究会HPから登録してください。

講演申込締切 : 平成25年1月21日(月)

予稿原稿締切 : 平成25年2月7日(木)Kazuyoshi MASUMOTO

出版物

学会誌/邦文誌(J-STAGE)
学会誌/英文誌(J-STAGE)
放射線施設廃止の確認手順と
放射能測定マニュアル
(改訂準備中)


原発事故由来の放射性物質
拡散に対する取り組み


会員の皆様へ