20130710

学会誌広告掲載のお願い

「日本放射線安全管理学会誌」広告掲載のお願い

一般社団法人日本放射線安全管理学会
会長 松田 尚樹
(長崎大学原爆後障害医療研究所)



謹啓
 貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
 私ども日本放射線安全管理学会は、放射線安全管理に関する研究・教育の活性化を図るとともに、 学術の発展並びに技術の開発を促進し、その成果を実務に反映させることによって、 社会及び広く人類の繁栄に寄与することを目的とし、2001年に設立された学術団体です。 約400名の会員の専門領域は環境モニタリング、被ばく線量評価、放射線源・廃棄物管理、放射線医学、放射線教育など極めて多彩に渡ります。 加えて2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所事故以後は、環境試料の放射能分析、放射性ヨウ素・セシウムの検出と除染、 相談窓口の開設、現地でのシンポジウム、勉強会、相談会の開催など、質の高いスキルに基づく実務的な社会的活動を積極的に進めてきました。 2016年4月1日より一般社団法人化し、社会力の確保と科学力の発展を加速する体制を整えました。
 現在、学術雑誌として、原著論文や特集・論説などを掲載した邦文誌「日本放射線安全管理学会誌」を年2回発行しております。 この雑誌は全会員に郵送されるとともに、J-STAGEサービスを通じて世界に発信されており、これまでの総記事数は160報を超えております。 2015年3月のJ-STAGEアクセス数は2,538件、 うちアメリカ合衆国が1,474件と、いずれも400名弱の会員数を大きく超えるものです。 つきましては、これらの学術雑誌の社会的役割に鑑み、発行を将来にわたっても円滑に進める一助として、貴社広告を是非ご掲載いただけますよう、 下記のようにご依頼申し上げる次第です。
 尚、ご掲載いただきました折には、学会誌を1冊進呈させていただくとともに、学会ホームページから貴社サイトへのリンク、 会員メーリングリスト上での新製品紹介等の情報サービスも予定しております。
 どうぞよろしくご検討賜りますよう、お願い申し上げます。

敬白

1.広告掲載雑誌 邦文誌「日本放射線安全管理学会誌」
2.提出広告原稿 電子媒体
3.掲載料 別紙をご参照ください。
4.お申し込み/お問い合わせ
  一般社団法人日本放射線安全管理学会事務局
e-mail:office@jrsm.jp
TEL:080-5121-0456  FAX:052-789-3843
   お申し込みは、メールもしくはFAXでお送りください。

 

原稿の送付について
メール添付にて電子媒体で送付ください。本学会誌への掲載以外の目的に使用することはありません。 なお、広告の内容について不適切と判断された場合には掲載をお断りすることがあります。